子どものやる気を伸ばすなら、プラスのイメージができる言葉で!~受験生・新入園・新入学のママさんへ~

1月もあっという間に、半ば。

世の中的には、センター試験もありますね。

受験するお子様、そしてお母さんも頑張ってください!!

 

わが家の中3の長男の受験も、今月下旬から、いよいよスタートして

受験は3月上旬まで続きます。

 

ですのでここからは、健康管理とメンタル勝負!

ということで、親のサポートも大事な時だなと、気を引き締めつつある今日このごろです。^^

 

これまで、私はあまり

細かいことには口を出さないできたタイプできたのですが

 

親子共々、初めての受験ということで

ちょっと伝えておきたいなぁと思うこととか

ちょっと口出さずにはおれないわぁ。。。というような感情も出てきました(^^;)

 

だって、大事な息子ですもの。

やっぱり、本人が笑顔で春を迎えられることを

親としても心から願いますからね。

 

でも、そんな自分の伝えたい思いを言うときも

できるだけ、プラスの言葉を使うように心がけています。

 

例えば、

「~しないと、間に合わないよー」

「~できないと、○○になっちゃうよ。」

「~できてないなんて、ダメじゃん!」

というような、マイナスのイメージの言葉じゃなく

 

「~しとくと、余裕持って間に合うね。」

「~できると、より安心できそうだよね。」

「~やれば、完璧にしとけるね。」

など、プラスのイメージの言葉で伝えるように。

 

 

人って、マイナスなイメージの言葉によって

同時に、恐怖や不安な気持ちも抱いちゃうでしょ?

 

他人を動かすときは、「良い感情」に訴えかけるのが大切

 

ただでさえ、受験という未知の体験。

実際、外に見えている以上に

本人もきっと緊張もし出しているかもしれないですしね。

 

そんなわが子が、最大限、史上最高の力を試験当日に発揮できるように

そんな時こそ、勇気づけでしょ!

と、勇気づけを学んでいることが、親の私の心も支えてくれていて心強いです。

 

 

親が、不必要な、ネガティブな思い(恐怖や不安など)を抱かせるような

マイナスな言葉をかけない。(邪魔しない^^;) 

 

親として、やらせておきたい行動、注意事項など伝える時は

マイナスな言葉より、プラスのイメージの言葉で。

引き続き、心がけたいと思います。

 

春から、新入園、新入学を迎えるお子さまのママさんも

受験生を持つママさんも、ぜひ、ちょっと心がけて伝えてみてくださいね~!

楽しみになるように♪

 

親自身も、心配な気持ち&緊張があったら

それもぜんぶ、楽しんじゃうくらいの気持ちでいられると

きっとよい方向にいきますからねー!

 

自戒もこめて^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です