何度同じ事を注意しても繰り返します。いろいろ試しましたが息子には効果がありません。どうすればいいのか、切実に知りたいです。

何度同じ事を注意しても繰り返します。いろいろ試しましたが息子には効果がありません。どうすればいいのか、切実に知りたいです。

 

先日、あるママさんから、こんな思いをお聞きしました。

* * *

何度同じ事を注意しても繰り返します。

怒ったり、ペナルティを与えたり、ご褒美をあげたり…いろいろ試しましたが、息子には効果がありません。

また、全く落ち着きがなく、先生にも「いつも何かに追われてます」と言われるほどソワソワしています。どうすればいいのか、切実に知りたいです。

* * *

 

お子様に対しして、「どうしたらこの子は、わかってくれるのだろう?」と

いろいろと工夫されて、一生懸命頑張っていらっしゃる

お母様の様子が伝わってきます。

そして、先生からは「いつも何かに追われています」と聞かされているとなれば、心配な気持ちも募ることと思います。

 

でも、何をやっても効果がない。

まるで暖簾に腕押し状態でしょうから、お母様自身も、ホントにお辛いと思います。

 

でも、こういった状況は、ほかのお母様にも、思い当たる方もいると思いますし

何より、お子様も、不安定な影響が出ているように思いますので、

まず、早急に取り組んだ方がいいと思ったことを

ここに書きたいと思います。

 

それは、次の2点です。

 

「子どもの行動のわけを理解すること」

「子どものしつけ、教育について学ぶこと(叱る褒めるの賞罰の子育てをやめること」

です。

 

上記のお母様がされてきた

◉何度も同じ事を注意する

◉怒る

◉ペナルティ(罰)を与える

◉ご褒美をあげる(ほめるも含まれます)

 

この方法は、子どもに適切な行動を促すことはできない方法 なんです。

 

一時的に、やらせることはできますが。

でも、同じことを繰り返す可能性は非常に高い方法でしょう。

 

えーーーーーーー?って驚きますよね。

でも、そうなんですよ。

 

私は、アドラー心理学に基づいた「アドラー勇気づけの親子関係講座(理論&実践編)」も開催していますが、その中でも

◉何度も同じ事を注意する

◉怒る

◉ペナルティ(罰)を与える

◉ご褒美をあげる(ほめるも含まれます)

 

この方法は、子どもが不適切な行動を繰り返すやり方 

罰には、望ましくない5つの影響 があるのですよ~。

などの内容も、もちろんお伝えしています。

 

たとえば、罰や叱ることは、

その場で「やめさせる」ことはできることが多いと思います。

 

ですので親自身は、ちょっと気持ちがスッとして満足したり、

とりあえずは、「安心」したりできるのですが

外からの力で無理やりやめさせているだけ(or やらせている)←(専門用語的には、外発的動機づけといいます

なので、根本の解決にはならないんですね。

 

つまり、本人自らがそうしようと思って行動している(←内発的動機づけといいます)わけではないので、正しい行動をするようにはならない のです。

(心の中では、不満を持っていたり、それがエスカレートしていくと「親を憎む」ようにもなります。)

 

罰の望ましくない影響の中でも、「人の顔色を伺うようになる」影響もありますので、この方のお子さまは、その面が出ている可能性もあるかと思います。

 

賞罰の子育てをしていると、子どもは、

プレッシャーを感じたり、自分の行動に自信がなくなってきたりします。

つまり、日々「安心感」が持てない状態なので、

それが、お子様の「何かに追われているような」という先生の表現になっているのかもしれません。(詳細お聴きしていませんので、あくまで仮定としての話です。)

 

でもこれって、知らないとできないわけです。

当たり前ですよね、だって知らないんですから。

 

お母さんになったから言って、

子育ての方法って、どこかで習う訳ではないですね。

 

「良かれと思ってやっていたことが、逆だったんだー」

「私は、テキストに書いてあることの反対を、全部やってきていました」

などとおっしゃるママさんは、講座でもたくさんいらっしゃいます。

(それを学ぶために講座がある訳です^^)

 

私も学ぶ前は、同じでした。

「あー、それを私はやっていたから、ダメだったんだねと。」

納得したことが多くありました(笑)

 

知ると、一時は、落ち込むんですけれど。

でも、知らなかったんだから、仕方ないです。

 

自分を責める必要もないし、子どもを責める必要もないです。

知れば、そこを改善していけばいいだけですからね^^

 

はい。

改善していけばいいだけ です。

(しつこいですが(笑) ママはこういう時に、自分責めのスパイラルに陥ることも多いので、2度言いました^^)

 

「子どもの行動のわけを理解すること」

「子どものしつけ、教育について(賞罰の教育をやめる)」

 

それを学べる講座が、親子関係講座ですが

◉何度も同じ事を注意する

◉怒る

◉ペナルティ(罰)を与える

◉ご褒美をあげる(ほめるも含まれます)

この方法に変わるやり方・考え方が、勇気づけの子育て法です。

 

ビジネス界でも、スポーツ界でも、勉強でも、なんでもですけれど

上手くいってる人、成功してる人は

 

必ず、学んでいます。

必ず、勉強しています。

そして、それを実践(練習)しています。

 

だから、学ぶことは、人生を豊かに、幸せにしてくれるってことです。

それに、学ぶって、本当に楽しいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホリエモンは、花マル学習塾の高濱先生とのコラボセミナーで

子育てしてるお母さんは、アドラー学ぶといいですよ」っておっしゃっていたそうですし。

 

ビリギャルで有名な坪田先生は、

塾の指導にアドラー心理学を取り入れている」とおっしゃっていますしね。

 

悩みは、チャンス!

だって、悩みは必ず 「今の自分に必要なこと」を教えてくれています♡

 

そして、必要なことがわかれば、わかったことを

一つひとつやっていけば、親子が笑顔で毎日を過ごせるようになってくるのですから♡

 

現在、6月スタートの親子関係講座も開講中ですが、

ご参加のみなさま、それぞれの方が、

それぞれにたくさんのことに連日気づかれていて、私も感動をいただいています。

 

人が何かに気づき、成長していく姿って、

とてつもなく美しいなぁと、いつも感動してしまいます。

 

その成長していく過程には、

成長痛なようなものも、もちろんあります。

 

でも、その痛みを受け入れつつ

進んでいく人にだけに、成功や幸せって訪れるものじゃいないかなと、私は思うのです。

 

そのあり方こそ、生き方こそ、子どもへの最高の教育にもなるんじゃないかな。

 

そう思って、私は、完璧な自分でなくても

自分のことも、勇気づけることも忘れないようにしています^^

 

大事なことって、結果だけじゃなくて

取り組もうとすること。

あきらめないこと。

できないことがあっても、できることを信じてトライしつづけること。

じゃないですか^^

 

いやぁ、講座は決してスパルタ塾ではありませんが(笑)

 

日々、気づいたことや学んだことに

不慣れなこともありがらも、みなさん実践に、真摯に取り組まれています。

 

そして、お子様にも、もちろん、少しずつ変化も出てきておりますよ。

(もうねぇ、これもホント感動する)

 

子どもたちが、私が何も言わないのに、 自分から行動することが増えてきました!

どももご機嫌な時間が増えて、私も心に余裕が少しずつ持ててきています。」

 

新たなアドラー親子関係講座が
スタートして3週間ですが

早速、変化を感じはじめた、受講者さまから、そんな嬉しいご報告も出始めています。^^

 

今まで、何をいっても怒っても変わらなかったのに。

机に向かい出しました。勉強時間はまだ〇分ですが(笑)

でもこれだけでも、すごい変化だと思います。

 

ダメな所を指摘しないって、ホントにそれで大丈夫なのかな?

って思ったりもしたんですけれど、ホントに大丈夫なんですね!

 

今までは、何度怒っても、でもやらなくて、

親子でイライラの悪循環に陥っていたな。。。と思いますが、抜けだせそうです~

 

などなど。

 

そんなことを、LINEでもシェアしあいながら、メンバーのみなさん同士、気づきや上手くいったことをシェアしあったり、みなで勇気づけあって進んでいます。

 

誰かの気づき、誰がが上手くいったことは、ほかのだれかにも役立ちます。

これ、ホントに宝です。(講座に参加する醍醐味!)

 

一人であれこれ頑張るより、モチベも上がるし、手立ての引き出しが何倍も増えていきます。

 

共通意識を持つ仲間もできますからね。

(これが実は、とても大事。)

 

さて、このアドラー親子関係講座次期コースは、9月スタート!となります。

7月下旬に一般募集を開始いたしますが、日程をいち早く知りたい、確実に参加したいという方は、こちらから、ぜひご連絡ください。(先行ご予約受付中)