~叱ってばかりの子育ては卒業!
ほめる・叱るではなく、勇気づけるから「やる気」と「自信」が育つ~

第3期 アドラー心理学 勇気づけの親子関係講座

第3期は、日曜日コースでの開催!

平日はお仕事されてる方、小さいお子様がいて日曜なら預けられる方、

遠方にお住まいの方に、特におすすめの日曜日開催です。

 

アドラー親子関係講座SMILE(子育て講座)のご案内です。

新らしい年のはじまりに、新しいワンランク上の自分になって

お子様の「自分でやる力」「生きる力」「困難を乗り越える力」を引き出し

親子が笑顔で、笑顔でいられる

アドラー心理学にも続いた「勇気づけの子育て」をはじめませんか?

* * *

「つい、子どもにダメ出しばかりしてしまっている。」

「下の子が生まれてから、イライラすることが多くなり、感情的になってしまう。」

「ほめて育てることが大切と聴くけれど、褒めるだけでいいのか?迷う場面がある。
(こうゆう時、叱らないで解決する方法なんてないよね?と思うことがある)」

「引っ込み思案で、気の弱い面もあって消極的なタイプ。
もっと負けん気を出して欲しいし、このままのこの子で、これからやっていけるんだろうか?と心配。」

「下の子と喧嘩していたりすると、つい上の子ばかり注意してしまい、
後々後悔…という事が多くて。。。
上の子にも良くないよねと思いつつ、どう対応したらいいか悩む。」

「子どもも、自我がハッキリ出てきて
ぶつかることもしばしば。・・・
いけないと思いつつ、こちらに余裕がないと真っ向勝負してしまうことも。

もっと冷静にならないとと思うけれど、上手くいかず。。。」

 

などの思いがありせんか?

 

子どもが成長してくると、お友達との関係やしつけ
習い事、勉強、受験など。

気になることや、心配なこと、それに対する、親の対応を迷うこと。

乳幼児の時と違って、悩みの内容が
変わってくることも多いもの。

 

こんなお悩みや思いがあるママさんに
ぜひご受講いただきたいのが
アドラー愛と勇気づけの親子関係講座SMILE」です。

怒る子育てや指導は、

一時的には効果があっても、本人自らのやる気、気づきにはつながらないので

何度も同じことが繰り返されます。

それが、親のイライラや忙しさにもつながっていたり

いつも叱ってイライラしている自分にも、自己嫌悪。。。

ママが辛くなるのは、そんな部分にも

すごくあるように思います。

でも、今と同じ関わり方を続けていると

子供は、年齢が上がればあがるほど

反発する or 萎縮して意欲を失くす。。。

などの方向に進んでいくことも多いものです。

 

親子関係で、悩みやイライラが多いと

子供もママも、ホントにエネルギーが枯渇してきます。

それだけじゃなく
いつもダメ出し、怒られている子どもは

自己肯定感が低くなり、さらに、意欲や自信を失っていきますので

その子の持っている個性、強み、可能性を伸ばせない方向にも進んでいく。。。

という負のスパイラルにつながっていく可能性もあります。

 

これって、ホントにもったいないことですし

とっても残念なこと💦

 

だって、それは、叱る以外の方法もあることや

子どもの行動のどこに注目して、どう対応をするか?を知れば、

全く違う展開になることが多いからです。

 

「子供が、自ら行動するようになった!」

「自分の対応、視点が変わると、子どもも変わった!」

「子育てに悩んでいることがあれば、みんなSMILEを受講するといいなって思いました。」

これは、講座に参加されたみなさんから、
数多くいただく言葉です。

 

アドラー愛と勇気づけの親子関係講座(SMILE)は

人の心のしくみ(子供の心理・行動)の原理原則に基づいた

「アドラー勇気づけの子育て」の理論と実践を

2か月間一緒に実践していきながら、学びを深めていく講座です。

 

日常でよくありがちな親子のあるあるな場面を

たくさん取り上げて、どのように対応するか?の手立てを増やしていく。

「だから、子どもは何度いっても変わらなかったんだ」と
理論を、実感として理解していただきます。

わが子の何を見ればいいのか?

どこに注目して、どう対応するのか?

子育て本には書いていない、あなたと、わが子との関係・状況に即した対応のポイント

お母さん自身が講座が終了したあとも、見つけていける力を持てるように

ナビゲートさせていただきます。

 

「いいこと学んだなー!」で終わらせしまったら、意味がありません。

講座では、「学んだことを、必ず実践」というしくみがあることで

「わかった → できるへ」スムーズに学びを深めていきます。

 

そして、高1と中1の二人の息子の子育て中でもある私が

長男の難関県立高校への合格、部活、友人関係

身の回りのこと、性格で心配なことなどを

アドラーを生かして、どのように乗り越えてきたのか?など

知りたいことがあれば、聞いていただければ

私の経験も惜しみなくお伝えさせていただきます。

 

親の気持ちと子どもの気持ちのズレを

心理学をベースにじっくりと自分をみつめ

相手を理解する態度を身につけていきます。

 

親と子はもちろん、先生と生徒、仕事の同僚や部下との関係、
子育て支援や教育に携わるお仕事をされてる方にも大変役立つ内容です。

(これまで受講してくださった方・・・育休中ママ、会社員のママ、専業主婦、小学校の先生、保育士、看護師、お教室主宰の先生、人材育成職のママさんなど)

 

第0期、第1期にご参加くださった、みなさんのお声です。

<もし、このSMILE講座に参加していなかったら、今ごろ、あなたはどうなっていたと思いますか?>

5%の不適切な行動にばかり目がいき、それを正すための努力をすることが親の役割だと思って、行動してしまっていたと思う。

だから、子育てが大変になっていたと思う。
過保護になり、子どもの自立をさまたげていたと思う。


・小学校入学に向けて、不安で押しつぶされそうになっていたかも

長男も心細かったかも。感情に振り回されて苦しかったかも。
誰かを恨んで、誰か、何かのせいにしていたかも。

イヤイヤ期、反抗期の子どもたちの不適切な行動にイライラしていたと思います。

・どうでしょう~。我が子の子育てに悩んでいた時に出会いたかったです。(大学生と成人されたお子さまのいる受講者さま)

課題の分離が不明確になって、過干渉、子どもの課題に首を突っ込んで
無駄に悩み、忙しくなるということが多かったと思う。

 子育てに悩んでいて、自分を責めていたと思います。


<2.参加されて気づいたことや感想をお聞かせください。>


子育て、人生の明確な指針ができたことは私の大いなる財産になりました。
いろいろな疑問や不安が解消され、ブレずらくなりました
LINEグループは、日々のモチベーションアップ、気づき、励みになって本当に心強かったです。

・実験と思って息子の行動に注目し勇気づけをしたり、正の行動に着目したりすると本当に変化するのでおもしろいなと思った。
(トイレトレーニング成功、自分でテレビを消して食卓につく、寝る時間になったら自分から寝るなど、その他今までなかなか変わらなかったことが変化したとご報告あり
・・・(注)変化がみられるには、どれだけ実践しているか?の個人差やある程度の期間が必要です。即子どもが変わる、魔法のテクニックではありません。)。

・ロールプレイを通して子ども役をすると、よかれと思って言っていた親の言葉に心がざわついたり、子どもの気持ちになることができてよかった!

・課題を毎日することで
以前より適切な行動に目を向けられるようになったと感じています。

そうすると、娘がさらに愛おしくなりました
娘がかわったのではなく、私の視点がかわったのに。
そして、以前より娘がすこーし意欲的になったような気がします。
課題の分離を知れたことも、大きかったです。
SMILE前は、きっと娘はジャッジされているような日々だったと思います。

どこかで、子供達を何とかしなきゃという想いがあって、自分が一杯になりがちだったことに気づきました。そして、その考えが、子供の成長のチャンスを潰すかも。。。ということを知ることができました。冷静になる方法を知ることができたと思います。

自分の声掛けや対応が変わったことで、子供の同じ行動でも見方を変えることができ
結果的に、子供の行動も変わったと感じました。

育児の先輩の体験談や大きくなってからの悩みや、子供に対する思いも皆さんから聞けて、
勉強になることばかりでした。

・できてない事、やれてない事に気をとられていたのが、できている事、良い点に視点を変えることができ、子供ものびのび、私もニコニコ、気持ちに余裕ができ笑顔が増えました!

もしこの講座に参加していなかったら、今頃、子供や仕事のストレスで、イライラ。
朝晩と、些細なことでイライラし、笑顔で子供や家族と接することができなかったかも。
バトルの繰り返しだった朝も、今は、お子様自ら洋服を着替えたり、準備をするようになったとご報告あり

親子関係に特化していたので、学んだことをすぐ実践しやすく振り返りもしやすかった。
勇気づけの復習もでき、忘れている部分、できていると思い込んでいた部分も再度見つめなおすことができた

・「横の関係」の大切さを頭では知っていたけれど、具体的にワークを通して知ることができました。大人になって、こんなに楽しく、安心して話のできる仲間に出逢えたことが、本当にうれしいです。

・子供に言う時、私の(できてほしいと思う)期待と、娘の問題とをごっちゃにしていたなと思います。なので、特に、感情的になったり、大声を出したり、人に見せられない姿だったなと。

娘は、とてもやる気のある子で、自分の意見を持っている子なので
言うべき事は、勇気をくじかないようにアイメッセージで伝え、後は、とにかく娘を信じる、横の関係でいる事がとっても大切だと気付きました。

これって、人の関係すべてに通じる事で、旦那にも、周りの人にも、全てのコミュニケーションで役立つなと思いました。上下関係を感じないと、人の批判や評価に過敏にならずにすみ、自分のベストで対応した後は、誰の課題なのか?を考えると、とても生きやすいなと思いました。仕事でも。

 

<3.どんな人におススメの講座だと思いましたか?>

・子どもが言うこと聞いてくれない。
子どもの行動が理解できない。と思っている人。

・叱らないで、子育てができたらいいなと思っている人。
どうしたら、イライラや怒りの感情をコントロールできるのだろうと思っている人。

・親子関係に、悩んでいる方。
コミュニケーションをうまく取りたい方。子どもの気持ちを知りたい方。

・育児本を読み過ぎて、頭でっかちになっている方。
教育関連のお仕事されている方。ママの勇気が枯渇している方。

・「子どものために」と頑張っているお母さん。
せっかく頑張っているのに、頑張っている方向が子どもにプラスになっていないことがあるので、確かめるという意味で受講するのがいいかと思いました。

・人間関係の大切さを感じている人。
子供に生きる力をもってほしいと思っている人。

・子供の寝顔を見ながら、「ごめんね」と落ち込んで母親失格、、、とか思っている人。(失格じゃなくて、考え方、言い方を知らないだけだと思います。)


・人間関係に悩んでいる人全て。
身近な人、大切な人、家族と良好な関係を築きたいと思っている人。

*  *  *  *  *

当学びサロンでは、講座での学びを、より日常で実践し習慣化しやすいよう

サポート付の講座となっております。

(受講期間中、LINEグループでの受講生同士の日々の変化や迷いシェア&モチベーションUP解消できる環境をご用意します。希望者には、講座後も、学びあい&シェア会やランチ会の機会もご用意しています。)

 

こんな方にオススメです。

・子どものことで、いつもイライラしたり怒ったり、心配ばかりしている状態から卒業したい。

・子どもの「やる気」「自信」を引き出す方法を知りたい。

・本やセミナーで学んだ「アドラー心理学 勇気づけの子育て」をもっとしっかり深めたい。実践力をつけたい。

・子どもの良さ、強み、可能性を伸ばす子育てがしたい。

・子どものこれからの社会を生きる力(困難を乗り越える力、自己解決力)を育てたい。

・子育ての軸を持ち、自分も自信を持ちたい。

・母も子どもも、楽しく笑顔の毎日を過ごしていきたい。

・親子関係を改善したい

~叱ってばかりの子育ては卒業!
ほめる・叱るではなく、勇気づけるから「やる気」と「自信」が育つ~

第3期 アドラー心理学 勇気づけの親子関係講座
@日曜日コース

【日時】

1/27(日),2/10(日) ,2/24(日) ,3/10(日)

10時~15時

*途中、お昼休憩を30分程度とりますので、お昼ご飯をご持参ください。

*こちらの講座は、単身でご参加いただく講座となります。
(あんよ前までの赤ちゃんは一緒に参加可)

*やむを得ずお休みされた場合は、次期以降に振替も可能です(無料)。

 

【内容】:

第1章 子どもの行動を理解しよう

(適切な行動のための2つの条件、正の注目・負の注目、不適切な行動を繰り返す場合、不適切な行動を正すための4つの原理 ほか)

第2章 聴き上手になろう

(批判は子どもの勇気をくじく、罰が望ましくない5つの効果、罰のかわりにできること、聴き上手上級編、ほか)

第3章 子どもを勇気づけよう

(褒美の4つの望ましくない効果、褒美と勇気づけ、勇気づけとは共感的に関わること、なぜ勇気づけが必要か、勇気づけの一般原理、子どもが失敗した場合、ほか)

第4章 誰の課題でしょう

(親の課題と子どもの課題、子どもの課題に口を出す4つの弊害、どんな場合に共同の課題になるのか、親は共同の課題に対してどうすればいいか、ほか)

第5章 子どもを傷つけないで意見を伝えよう

(頼み方の4つのパターン、子どもが要求を聞き入れなかったとき、感情にふりまわされないい4つのコツ、ほか)

第6章 体験を通じて学ぶ機会を与える

(人は、ある意図にもとづいて行動する、欠点を長所としていかせる、ことわりかたの4つのパターン、自然の結末と論理的結末、ほか)

第7章 新しい家族のあり方

(ルールが守られるための3つの原理、たての関係よこの関係、平等と無差別、幸福の3つの条件、家族会議、ほか)

第8章 社会性のある子どもに育てよう(望ましい家族関係のあり方、社会性・自立性を育てる、ほか)

【場所】:
ONVO  SALON  URAWA(オンヴォサロン 浦和)
京浜東北線・武蔵野線 浦和駅徒歩7分
http://onvo.jp/ ルーム2(今回は、ハンモックのあるお部屋です♪)

埼玉県さいたま市浦和区中町1-10-7 尾張屋第一ビル 5F
048-822-3341(パインズホテル向いのビル)

 

【定員】6名さま

【料金】1章 5,250円(2時間) × 8章 = 42,000円 (税別)
別途 テキスト代5,000円(税別)

合計 50,760円(税込み)

*お振込み制です。お申込みいただいた方へお振込み先をご連絡いたします。
*ご入金後のキャンセルによるご返金はございません。ご了承ください。
*当学びサロンのELM講座修了生は、割引があります。
*当講座修了生は、個別相談が修了生価格でお受けいただけます。
*こちらの講座は、修了証が出ます。(課題をすべて提出した方)
*講座修了生のみ参加できる、「質問&シェアの学びあいの会(クリエィティブセルフラボ)」にも、講座終了後いつでもご参加いただけるようになります。

親の視点が変わると、子どもが変わります。

お母さんと、お子様のこれからの人生を変える8週間プログラム。

子どもは、日々成長していますし、成長は待っていてはくれません。

私も、わが子の頼もしい成長や、バトルなき良好な親子関係が持てていること、

受講生のみなさんの変化やお声からも

自信を持って、みなさまへお届けしている講座です。

あなたにとってのベストタイミングで、ぜひ出逢ってみてくださいね。

講座で、お会いできますこと楽しみにしております。

<お申込み>

お問合せ・お申込みフォーム