~ ほめない・叱らないから 子どものやる気と自信が伸びる!子育ての原理原則メソッド ~

アドラー心理学 勇気づけ親子関係講座のご案内


イライラ怒る子育ての毎日や、自分や子どもを責める子育ての悪循環から卒業して、子どもの「やる気」と「自信」を引き出し、困難を乗り越える力を育てる「アドラー勇気づけの子育て法(理論と実践)」をお伝えします。

親子で笑顔あふれる幸せな毎日を過ごしながら、子育ても、仕事も、人生も、もっと心をラクにして、自由にのびのびと楽しく歩んでいきませんか?

 

講座を受講して得られるもの

・子どものやる気や自信を引き出す子育て法がわかる。
・叱る以外の子育て、しつけの方法がわかる。
・子どもの不適切な行動に対して、親はどう対応したらいいかがわかる。
・子どもがさまざまな面で、以前より意欲的になってくる。
・子どもが反抗的にならない、心に届く親子のコミュニケーションの取り方や関わり方がわかる。
・子どもが自分で行動することが増えるので、親の関わりが減り時間的、精神的にゆとりができる。
・むやみに焦ったり不安になったり落ち込んだりせず、子どもを信じて、見守れるようになる。
・これからの未来の社会を生きる子どもたちに必要な、自分で考え、困難を乗り越えていく力(生きる力)を育てる子育て法がわかる。
・思春期になっても良好な親子関係でいられる。
・受験や部活、習い事、友人関係など、挫折や困難があった時の親のサポート法が考えられる。
・お母さん自身も、やる気と自信が持てるようになる。
・お母さんも子どもも、自分のことがもっと好きになる。
・子育ての悩みやイライラに取られるエネルギーが減り、その分、自分のやりたいことや仕事へもっとエネルギーを注げるようになって人生の充実度が増す。
・夫や職場の人間関係、ママ友や嫁姑関係など、周囲の人との関係も良好になる。
・子どもが愛おしくなり、これからの子育ても楽しみになる。

 

なぜ、イライラや親子のバトルが激減して
親子で笑顔の毎日を過ごせるようになるのか?


なぜ、いつもイライラして、親子のバトルを繰り返していたお母さんが、子どもと笑顔の毎日を過ごせるようになるのか?それには理由があります。

< 子どもの「やる気」や「自信」を引き出すには原理原則がある >

多くのママさんは、子育てを自分が親からされた経験」や、なんとなく手に入れた情報をもとにいわば<自己流>で行っています。

でも、当然です。子育てや人の成長を促す方法は、学校では習わないもの。

そして、子育てのイライラやお悩みは、「何度言っても変わらない。」「イライラしてつい怒鳴ってしまうけれど、何度も同じことの繰り返しになっている。」「どんな言葉をかけても、やる気や自信がみられない。」「反抗的な態度が返ってくる。」などというものが多いですが

それは、今のやり方では、上手くいかないよというサインでもあります。

その主な理由は
・上から目線の上下関係の関わり(ほめる叱るの賞罰の子育て法)をしている
・子どもの言動への母親の理解のズレがある
からです。

アドラー心理学に基づく勇気づけの子育て法は、人の心のしくみ(心理学)に基づいて、子どもの言動(感情・行動)を理解して対応します

子どものやる気や自信、また適切な行動は、怒りや罰、批判や脅しを使ってもなかな引き出せれないばかりか、子どもは傷ついたり、自信を余計なくしてしまう方向にいってしまうことも少なくありません。
人の心のしくみ(心理学)に基づいて、子どもの言動(感情・行動)を理解してて関わる(原理原則に照らしていく)ことで、子どものやる気や自信につながる言葉や適切な対応をみつけやすくなり、親子の理解のズレが少なくなるのです。


< 
怒らないから子どもが変わる >

アドラーの勇気づけの子育て法の考えの土台には、人のやる気や自信を伸ばし、適切な行動を促せるのは、上下の関係ではなく、横の関係で関わるからこそ引き出されるという考えがあります。

「怒り」を使って外からの力で子どもを動かそうとしても、子どもはなかなか変わりません。

一時的に伸びたり、変わるように見えることはありますが、一時的なものなので継続性がありません。それは、その行動が、自分の意志」「やる気」から生まれているものではなくて、外からの力によって行動しているだけだからです。つまり、やらされている状態ですね。(怒られるのが嫌だから、怖いから、罰があるから、お母さんから見放されてしまう(嫌われてしまう)ことへの恐怖など)

子どもは、本人が自分の内側からやりたいと思う「やる気」や「自分にもできる!」という自信を引き出す「勇気づけの関わり」をしていくことで、その子が持っている可能性が伸び、勝手に自分でどんどん行動していくようになります。

横の関係性で親子関係が築けると、どんなことも率直に伝えあえるので、子どもの行動への親の理解のズレや、子どもが親に抱く誤解も圧倒的に少なくなります。

親は、原理原則に照らして対応していけば、子どもも素直になって、のびのびとその子らしさを発揮していくようになります。適切な行動も増えていきます。

するとお母さんは、イライラすることも減ります。怒ることで無駄に子どもへの勇気くじき(自信を失わせること)をしてしまうことも、親子のバトルになることもなくなってきます

そういった温かな雰囲気、関係性の中でこそ、子どもは自分で行動するようになったり、自分の課題を乗り越えていく力が育っていくのです。

実際に、アドラー流指導を取り入れた例

偏差値40以上上げて1年間で慶応大学に合格したビリギャルの映画や本で有名になった、ビリギャルを指導した坪田先生は、アドラー心理学を指導に取り入れていると公言されています。

学校の先生から、叱られてもダメだしされても変わらなかった女子高校生が、やる気と自信を取り戻し、自分の最大限の可能性を花開かせて1年間で慶応大学に合格できたのは、アドラー心理学を取り入れた指導をしている塾の先生、坪田氏と出会いのおかげです。

ちなみにお母様も、娘さんへの関わりにはアドラー心理学の考えの一つである「どんな時も娘の味方でいる」を実践されていたそうです。ある講演会では「私が実践していたのは、まさにアドラーの考えと同じですとお話しされていたそうです。

また、箱根駅伝連覇で一躍有名になった青山学院大学の原監督は、「怒らない指導」と「上下の関係ではない生徒指導を実践」されていますが、学生たちが悲壮感のない明るい表情でのびのびとした中で、記録を出し続けていることは、みなさんの印象に残っているのではないでしょうか。

また、今年2019年の大学ラグビー選手権で、22季ぶりに優勝をした明治大学ラグビー部は、体育会系特有の上下の関係」の在り方を見直したことで、部員が変わり、復活を果たしたのだそうです。

怒りや罰、脅し、批判では、人は伸びないということです。

だから、あなたのお子さまも変わる!伸びる!

つまり、子どものやる気や自信、困難を乗り越える力を引き出し、成長を促していくためには

ほめる叱る賞罰の教育法上下関係)ではなく、 ひとりの人間として共感し、信頼し、尊敬して関わる勇気づけの教育法横の関係であること

・自己流や感情にまかせるのではなく、人の心のしくみ(心理学)に基づいて、子どもの行動を理解良好なコミュニケーション方法を実践すること

まさに、アドラーの勇気づけを実践することなのです。

あなたも「アドラーの勇気づけの子育て法」を取り入れれば、無駄にイライラしたり、親子関係が悪化してしまわず、親子ともに笑顔で過ごしながら、お子様さまのやる気や自信を引き出し、困難を乗り越えていく力や、その子自身がもっている可能性を花開かせる子育てができるということです。

心のしくみ(心理学)に基づいた子育て法というと、「もしかしたら難しい内容なのかな?」「自分に理解できるのかな?」と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。でもご安心ください。
人間の行動・感情にはルール(原則)があるので、そのルールに照らしていこうという考えというだけで、日本語が理解できればだれでも、ご理解いただける内容です。

もちろん、対象が幼児であっても、小学生、中高生、大学生、はたまた社会人でも、職場の部下や同僚でも、考え方ややることは同じですので誰に対しても有効です。ビジネス界でも、アドラーの研修はとてもご好評いただいています。

 

こんな私があなたにお伝えします

内藤純子(ないとうじゅんこ)
ママのための学びサロンSalon de lupinus(サロン・ド・ルピナス)代表

アドラー心理学 勇気づけ親子関係&コミュニケーショントレーナー
アドラー心理学カウンセラー養成講座修了
アドラー心理学キャリアコーチング講座修了
育休後アドバイザー
青山学院大文学部教育学科卒(中学・高校教諭免許)

現在、埼玉県小川町子育て支援センター心理学担当講師 (2017年~)、自分らしいキャリアをデザインする会員制ラーニングスペースUrawaSpaceにてコミュニケーション心理学Expert(専門家)を担当 (2017年~)。現在、高校1年生と中学1年生の息子2人と夫の4人暮らし。

<主な外部セミナー開催実績>
・東京海上日動火災保険(株)名古屋、神戸支社様「女性社員向けアドラーセミナー」開催
・東京海上日動火災保険(株)神戸支社様「ワーキングマザー社員向けアドラーセミナー」開催
・トヨタカローラ姫路(株)様「女性社員向けアドラー心理学セミナー」開催
・埼玉県男女共同参画推進センター様「母親のための対人関係がラクになるアドラー心理学」開催
・SAITAMA WOMEN FESTA2016 キャリアチャレンジ女子大にて心理学セミナー担当
・埼玉県小川町子育て支援センター「よりよい夫婦関係のための心理学講座」担当

< 書籍 >
『アドラー子育て・親育て 育自の教科書 ~父母が学べば、子どもは伸びる~』(熊野英一著 アルテ)

勇気づけの子育て実践者として、コラム記事掲載

 


受講者さまの声を一部ご紹介します

Q1: 勇気づけの親子関係講座SMILEへ参加された理由は何ですか?(参加動機)

勇気づけ子育ての本を読み、これこそ自分がしたかった子育て、子供との関わり方だと感銘を受けました。そして、アドラー心理学を学べる講座があるのを知り子育てに活かせる技術・手法などを理論的に学びたいと思い受講を申し込みました。

Q2: 何が決め手となって、この講座に申し込まれましたか?
開催時期・開催スケジュールが自分に合っていたこと。
純子先生のホームページやブログをみて、先生の書かれている文章が柔らかく
誠実な人柄がでていて、この先生から学びたいと思いました。

Q3: 講座に参加されての感想をお聞かせください。
とにかく充実した4日間、毎回学びが多く、講座を受けに行くのが楽しみで、終わってしまってさみしいです。子供はどんどん成長してしまいますので、学びたいと思った今、すぐにでも受講したいと思い検索したところ、純子先生のブログにたどりつき受講を申し込みました。講座を開催してくださった純子先生、一緒に学んでくださった受講生の方々には本当に感謝しています。
純子先生が一人一人の発言を大切にしてくださったこと、純子先生の人柄の良さからでる柔らかな雰囲気(そしてすごい美人)、意識の高い受講生の方々のおかげでとても心地よい空間で学ぶことができました。ありがとうございました。

今までは自分なりの手探りの子育てでしたが、SMILEを受け、理論的に子供への関わり方母親としてのあり方を学び、子育ての最終目的を確認できたことは、私にとって大きな進歩です。

これからの子育てが楽しみでしかなく、毎日がとても楽しいです。

今後、こんな時どうしたらいいか悩むときもあるかと思いますが、テキストを読み返したり、学んだことを思い返し、実践していくことで乗り越えていけると思えるようになりました。
4日間、本当にありがとうございました。

Q4: もしこの講座に参加していなかったら、今頃、自分はどうなっていたと思いますか?
以前から子供に命令口調をしないこと、上から目線でなく一人の人として接することを心がけていましたが、子育てに対する明確な理論や指針がなかったためずっと手探り状態でモヤモヤしていたと思います。

Q5: どんな人におススメの講座だと思いますか?
子育てだけでなくすべての人間関係に応用できるので、子育て中の方に限らず誰にでも。
特に学校の先生、保育士さんなど教育に携わる方に受けていただきたい講座です。

5才の娘さんのいる山梨県在住のO様(会社員)

Q1.勇気づけの親子関係講座SMILE講座へ参加された理由は何ですか?
子育てに悩んでいて。

Q2.何が決めてとなって、この講座に参加されましたか?
課題の分離など、勇気づけコミュニケーション講座ELMの方では学ばなかったことに興味があった。

Q3.参加されての率直な感想をお聞かせください。
子供に言う時、私の(できてほしいと思う)期待と、娘の問題とをごっちゃにしていたなと思います。なので、特に感情的になったり、大声を出したり、人に見せられない姿だったなと。娘は、とてもやる気のある子で、自分の意見を持っている子なので、言うべき事は、勇気をくじかないようにアイメッセージで伝え、後はとにかく娘を信じる横の関係でいる事がとっても大切だと気付きました。これって、人の関係すべてに通じる事で、旦那にも周りの人にも、全てのコミュニケーションで役立つなと思いました。

上下関係を感じないと、人の批判や評価に過敏にならずにすみ、自分のベストで対応した後は、誰の課題なのか?を考えると、とても生きやすいなと思いました。

仕事でも。(まだ、そこまでいけてませんが。。。)

Q4.もしSMILEに参加していなかったら、今ごろ、自分はどうだったと思いますか?
子育てに悩んでいて、自分を責めていたと思います。

Q5.どんな人におススメの講座だと思いますか?
人間関係に悩んでいる人全て。身近な人、大切な人、家族と良好な関係を築きたいと思っている人。
3歳の娘さんのいるさいたま市在住のI.H 様 ( 主婦 )

Q1.SMILE講座へ参加された理由は何ですが?
ELM講座、ELMリーダー養成講座を受けて、勇気づけの良さを感じていました。
頭では理解していたけれど、2人目出産後にイライラして感情的になることが増え、自己嫌悪の日々。周りの友人からは、もっと怒ったり、しかったりしてしつけするべきだと言われ、主人からは、感情的になるのは仕方ないしそういう年頃と言われ、本当にそうなのか?と、自問自答していました。そこで、SMILEを知り、参加しました。

Q2.何が決めてとなって、この講座に参加されましたか?
勇気づけの良さは知っているし、ELM講座のお陰で私自身、とても楽になれました。
その反面、子供にイライラすることが本当に辛く、SMILEの”実践”という言葉に魅力を感じました。

Q3.参加されての率直な感想をお聞かせください。
第1回目を受けた後、それまでは、感情的になってどうしようとマイナスでしたが、
その日はワクワクしてました。やってみよう!!学ぶぞーと思いました。そして、主人に笑われましたが2人の子どもをこんなに愛してるんだぁー」ととても実感しました。

課題に取り組んで、怒ったことは覚えているのに(鮮明に)、できていたことはすぐに忘れてしまうことを、何より1番痛感しました。SMILE前は、きっと娘はジャッジされているような日々だったと思います。
課題を毎日することで、以前より適切な行動に目を向けられるようになったと感じています。そうすると、娘がさらに愛おしくなりました。娘がかわったのではなく、私の視点がかわったのに。そして、以前より娘がすこーし意欲的になったような気がします。

課題の分離を知れたことも、大きかったです。どこかで、子供達を何とかしなきゃという想いがあって、自分が一杯になりがちだったことに気づきました。そして、その考えが、子供の成長のチャンスを潰すかも。。。ということを知ることができました。冷静になる方法を知ることができたように思います。意見ことばルールの決め方など、横の関係の大切さを頭では知っていたけれど、具体的にワークを通して知ることができました。大人になって、こんなに楽しく、安心して話のできる仲間に出逢えたことが、本当にうれしいです。

Q4.もしSMILEに参加していなかったら、今ごろ、自分はどうだったと思いますか?
「横の関係」が理想だとわかっていても、「縦の関係」になっていたと思います。
今、横の関係です!!とは言えないけれど、そうなれるようにしていきたいと思ってます。

5.どんな人におススメの講座だと思いますか?
人間関係の大切さを感じている人。子供に生きる力をもってほしいと思っている人。
子供の寝顔を見ながら、「ごめんね」と落ち込んで母親失格、、、とか思っている人。
(失格じゃなくて、考え方、言い方を知らないだけだと思います。)

さいたま市在住 保育園児2人のお子さまのいるK様 ( 看護師 )

「ちょうど仕事が忙しく大変な時期だったので、今のタイミングでの受講を迷ったのですが忙しい今だからこそ受講してよかったです

今を逃したら、たぶん先延ばしになっていたと思うのと、忙しいとなおさら余裕がなくて怒りや命令で対応していたと思います。

忙しい時期でイライラしてしまう時に、アドラーを実践できたことでイライラせずに済んだので本当によかったです。

講座で学んだことを実践してくと子どもがなぜ、何度言っても行動を変えなかったのか?の理由もわかって自分の対応を変えることができました

子どもと色んなことを話し合えるようになって、子どもも素直になってきました。

何度言っても、叱っても学童で宿題をやってこなくて、毎朝、親子でバトルになったり、学校に行く前に泣きながら玄関で宿題をやったりしていましたが、宿題を家でやるようになりました。
書くのをいやがっていつも乱暴に書いていた字も、丁寧に書くようになりました。


子どもとの関係がよい方向に進み始めた
のでこれからも、アドラーを軸に実践していきたいです!
(講座最終回にお話しくださった感想より)

~そして、講座終了数週間後~
「息子が素直に謝るようにもなって。子どもが可愛くて仕方なくなりました~。」と嬉しいLINEでのメッセージもいただきました。

さいたま市在住 小学生の息子さんのいるSさま(教室主宰)

Q1.親子関係講座SMILE講座へ参加された理由は何ですか?
コミュニケーション講座ELMを受講し、その時はすごく気持ちが楽になった。でも、日々の生活の中で生かしたいのに、うまく生かせてない自分がいてもっと深く学びたいと思った。また、友だちから、課題の分離についても学べると聞き、アドラー心理学の本だけではわからなかったことを、純子さんから聞きたいと思ったから。

Q2.何が決めてとなって、この講座に参加されましたか?
2週間おきの4回講座なので、少しずつ、自分に落とし込めるような気がしたので申し込みをした。

Q3.参加されての率直な感想をお聞かせください。
ELMで学んだことも、その時はわかったつもりだったが、今回SMILEを受講したことで、より実践的に日常生活の中に取り入れることができた。毎日の宿題で、自分を振り返ることで気づきがあった。また、実験と思って息子の行動に注目し、勇気づけをしたり、正の行動に着目したりすると本当に変化するのでおもしろいなと思った。
講座の中で、ロールプレイを通して子ども役をすると、よかれと思って言っていた親の言葉に心がざわついたりして、子どもの気持ちになることができてよかった 一緒に考える仲間もできたことで、今後も、愛と勇気づけの子育てをしていけるような気がする。

Q4.もしSMILEに参加していなかったら、今、自分はどうだったと思いますか?

5%の不適切な行動にばかり、目がいき、それを正すための努力をすることが親の役割だと思って行動してしまっていたと思う。だから、子育てが大変になっていたと思う。過保護になり、子どもの自立をさまたげていたと思う。

Q5.どんな人におススメの講座だと思いますか?
叱らないで、子育てができたらいいなと思っている人。
どうしたら、イライラや怒りの感情をコントロールできるのだろうと思っている人。
におススメします。

3才の息子さんのいるH.T様 (教員)


アドラー心理学勇気づけ親子関係講座の詳細です

<こんな思いがありませんか?>
・つい、子どもにダメ出しばかりしてしまっている。
・下の子が生まれてから、イライラすることが多くなり感情的になってしまう。
・子どもが何度いっても行動が変わらないで、イライラ怒ってしまってばかりいる。
・ほめて育てることが大切と聴くけれど、褒めるだけでいいのか?褒めるないときはどうすればいいの?と疑問に思うことがある。
・叱らないで子育てやしつけなんてできないと思う。
・わが子は引っ込み思案で消極的なタイプ。もっと負けん気を出して欲しいけれど、どんな風に伝えたらいいのだろう?このままでこれからやっていけるのか?と心配。
・下の子と喧嘩していたりすると、つい上の子ばかり注意してしまい、後々後悔…という事が多くて。。。上の子にも良くないよなと思いつつ、どう対応したらいいか悩む。
・子どもも、自我がハッキリ出てきてぶつかることもしばしば・・・いけないと思いつつ、こちらに余裕がないと真っ向勝負してしまうことも。もっと冷静にならないとと思うけれど、上手くいかない
・勉強へのやる気がみられない。

お友達との関係やしつけ、習い事、勉強、受験など、気になることや、心配なこと、それに対する、親の対応を迷うなど。悩みは、お子様の成長とともに、乳幼児の頃とは違った内容に変わって来る。

でも、今までと同じように、ほめたり怒ったりといった対応では
どうにも上手くいかない。。。どうしたらいいんだろう。。。。

と感じているなら、まさに今、子育てをバージョンアップするベストタイミングです!

そのまま怒る子育てや、自己流の対応を続けていると、状況は変わらないばかりか、子供は年齢が上がればあがるほど、反発する or 萎縮して意欲を失くす。。。などの方向に進んでいくかもしれません。

また、いつもダメ出し、怒られている子どもは自己肯定感が低くなり、さらに、意欲や自信を失っていきますのでその子の持っている個性、強み、可能性を伸ばせない方向にも進んでいく。。。という負のスパイラルにつながっていく可能性もあります。

これって、ホントにもったいないことですし、とっても残念なこと。
だって、それはお母さんが望んでいないことですから(涙)
そして叱る以外の方法もあることや、子どもの行動のどこに注目して、どう対応をするか?を知れば、全く違う展開になることが多いからです。

「子供が、自ら行動するようになりました!」
「自分の対応や視点が変わると、子どもも変わりました!」
「子育てに悩んでいることがあれば、みんなSMILEを受講するといいなって思いました!」

これは、講座に参加されたみなさんから、数多くいただいた言葉です。

アドラー勇気づけの親子関係講座(勇気づけの子育て理論・実践編)では、人の心のしくみ(子供の心理・行動)の原理原則に基づいた「アドラー勇気づけの子育て法」を、2か月間、受講メンバーと一緒に、実践していきながら学びを深めていきます。

日常でよくありがちな親子の場面を取り上げて、考え方の理論だけでなく、体験(ロールプレイ・シェアリング、家庭での実践)と結びつけて学ぶことで、「だから、子どもは何度いっても変わらなかったんだ」と、本を読んだだけではわからなかったことも理解が腑に落ち、わが子の何を見ればいいのか?どこに注目して、どう対応するのか?といった
子育て本には書いていない、わが子との関係・状況・性格に即した対応を、お母さん自身が自分で見つけていけるようになる講座です。

そして講座では、高1と中1の二人の息子の子育て中でもある私が、長男の難関県立高校への合格、休みのないハードな部活、友人関係、身の回りのこと、性格で心配なことなどをアドラーを生かして、どのように乗り越えてきたのか?など、知りたいことがあれば聞いてくだされば、私の経験も惜しみなくお伝えさせていただきます。

親と子はもちろん、先生と生徒、仕事の同僚や部下との関係、子育て支援や教育に携わるお仕事をされてる方、夫婦関係やすべての関係に役立つ内容です。

(これまで受講してくださった方・・・育休中ママ、会社員のママ、専業主婦、お子様が大学生、成人されているママさん、小学校の先生、保育士、看護師、お教室主宰の先生、人材育成職、介護職のママさんなど)

<こんな方におススメです>

・子どもが言うこと聞かない。子どもの行動が理解できない。
・叱らないで、子育てができたらいいなと思う。
・どうしたら、イライラや怒りの感情をコントロールできるのだろう?と思う。
・親子関係に悩んでいる。
・コミュニケーションをうまく取りたい。子どもの気持ちを理解したい。
・やる気や自信を伸ばす方法を知りたい。
・子どもには、これからの未来を生きる力をもってほしい。
・子どもの個性、強み、可能性を伸ばす子育てがしたい。
・育児本を読み過ぎて、頭でっかちになっていて何が正しいのか?がわからなくなってきている。
・ママの勇気が枯渇していて、自分も元気になりたい。
・ブレない自分になりたい。自分に自信を持ちたい。子育てに軸をもちたい。
・夫や周り人との関係ももっと良好にしたい。
・ママも子どもも笑顔あふれる幸せな毎日を過ごしたい。
・子育ても、仕事ももっと私らしく歩みたい。

~イライラの毎日&親子のバトルの子育ては卒業!
ほめる・叱る・比べず 勇気づけ
るからやる気と自信が伸びる子育てメソッド~
アドラー心理学 勇気づけの親子関係講座(子育て理論・実践編)
@日曜日コース 

【日時】
4/14(日),4/28(日) ,5/12(日) ,5/26(日)10時~15時
★その後15時30分までグループコンサルタイム(こちらは自由参加です)

*途中、お昼休憩を30分程度とります。お昼ご飯をご持参ください。
*こちらの講座は、単身でご参加いただく講座となります。
*やむを得ずお休みされた場合は、次期以降に振替も可能です(無料)。

【内容】:
第1章 子どもの行動を理解しよう
(適切な行動のための2つの条件、正の注目・負の注目、不適切な行動を繰り返す場合、不適切な行動を正すための4つの原理 ほか)」

第2章 聴き上手になろう
(批判は子どもの勇気をくじく、罰が望ましくない5つの効果、罰のかわりにできること、聴き上手上級編、ほか)

第3章 子どもを勇気づけよう
(褒美の4つの望ましくない効果、褒美と勇気づけ、勇気づけとは共感的に関わること、なぜ勇気づけが必要か、勇気づけの一般原理、子どもが失敗した場合、ほか)

第4章 誰の課題でしょう
(親の課題と子どもの課題、子どもの課題に口を出す4つの弊害、どんな場合に共同の課題になるのか、親は共同の課題に対してどうすればいいか、ほか)

第5章 子どもを傷つけないで意見を伝えよう
(頼み方の4つのパターン、子どもが要求を聞き入れなかったとき、感情に振り回されない4つのコツ、ほか)

第6章 体験を通じて学ぶ機会を与える
(人はある意図にもとづいて行動する、欠点を長所としていかせる、ことわりかたの4つのパターン、自然の結末と論理的結末、ほか)

第7章 新しい家族のあり方
(ルールが守られるための3つの原理、たての関係よこの関係、平等と無差別、幸福の3つの条件、家族会議、ほか)

第8章 社会性のある子どもに育てよう
(望ましい家族関係のあり方、社会性・自立性を育てる、ほか)

*毎回おうちでのホームワークがあります。(簡単なものですが、このホームワークがとてもよかった!と受講されたみなさんからお声をいただいております。)
課題をすべて提出した方は、修了証が出ます。


【場所】:
京浜東北線・武蔵野線 浦和駅 徒歩1~3分のレンタルルーム
(お申込みくださった方へ後日詳細をご案内します)


【定員】
6名さままで こちらは満席となりました

★次期コースへのお席のみのご予約、先行案内希望をされる方は、下記フォームからご連絡ください。日程決まり次第、一般募集に先駆け、いち早くご案内させていただきます。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOvDpwnjg


【料金】
1章 6,750円(2時間) × 8 =54,000円(税込)   *別途 テキスト代5,400円(税込)

 合計 59,400円(税込) 

今回、メール講座(無料メルマガ)スタート記念
→ 記念価格 55
,000円(税込)

*メール講座読者さまは、一般募集に先駆け、優先価格にてご案内させていただきます。
*勇気づけコミュニケ―ション講座修了生はさらに割引があります。(お問合せください)


さらに!お申込みの方には
【特典】として
個別コンサル(1時間30分:通常18,900円)をプレゼント!

あなただけのお悩み、グループ講座では話にくい事、講座内容についての質問など、個別にアドバイス&ご相談に乗らせていただきます。お申込みくださった時点から講座終了後6か月後までの間のお好きなタイミングでお受けいただけます。個別セッションをお受けいただくことで、講座内容のより深い理解や、お悩みや状況の変化・解決へのスピードが加速します。(個別コンサルは、ZOOMにて行います。)

講座以外の時間もサポート!
講座での学びをより日常で実践し、習慣化しやすいように、受講期間中は、LINEグループでの受講生同士の日々の変化やシェア&モチベーションUP解消できる環境をご用意しております。個人の意思だけの力に頼るのではなく、環境・仲間・しくみの力を大いに活用して楽しく学んでいただきます。

講座修了生のみ参加できる「アドバンスクラス」にも、講座終了後ご参加いただけるようになります。(ママのポジティブマインドとさらなる学びもサポート)
講座終了後、新たに出てきたお悩みや疑問を解消していただいたり、さらに学びを深めていきたい方には、アドバンスクラス(質問&事例研究&実践シェア&学びあいの会)もご用意しております。任意でお好きな時にご参加いただけます。親子関係講座修了生のみご参加いただける会ですので、アドラーという共通言語と共通の価値観を持ったママ同士での実践状況のシェアしあうことからの学びや、仲間との相乗効果でステージアップしていく場として、ご自身への勇気づけ&リフレッシュの時間、定期的な振り返り、自分を整える時間としてなど、みなさんご自身の目的に合わせてご利用くださっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご参加は限定6名さままで
こちらの講座は、限定6名様までの少人数制とさせていただいております。少人数制にしているのは、これ以上の人数になると、お一人おひとりに対して質の高いサポートや対応ができなくなってしまうためです。人数に達した場合は、大変恐縮ですが、お申込みいただけるのは次回以降となります。なお、次回開催時期は未定です。

お申込みされる方はこちらをクリック
お申込みフォーム

~  最後に追伸です  ~

ママも子どもも一人ひとりが

他人と比べるのではなく、自分らしさを思いっきり輝かせて

「自分が人生の主人公」としてもっと自由に生きよう!

わたしは、ママも子どもたちも、もっと自由にのびのびと自分らしさを発揮して、まさに「自分が人生の主人公」として生きていく人があふれる、そんな世の中になるといいなと心から願っています。

実は、子育てしている私たち母親自身にも、子どものころに親や教師や周りの大人から「~してはダメ」「もっと~でないとダメ」「もっと頑張らないとダメ」などと言われたことが、大人になった今でも、あなたの中に鎧(よろい)やブロックとなって残っていることがあります。

その多くが、他人と比較する中で発せられた言葉や「~しなければダメ」という価値観、評価からの言葉であることも多いもの。

もしかすると、そんな鎧があなた自身を窮屈にして生きづらくしていたり、子育てや夫婦関係、対人関係の悩みとなっていたり、あなたらしさを発揮できずにいることがあるかもしれません。

子育ては、私たち母親が大人になるまでの過程で、知らず知らずのうち自分自身で背負ってきてしまっていたそんな「いらない鎧(よろい)」や「思考グセ」があれば、それに気づけ、手放すことができるチャンスでもあるんです。

そして、その鎧を手放して、あなたが本来のあなたらしさを取り戻した時、子育ても人生も、今とは見える景色が驚くほど変わり、もっとラクにもっと自由に楽しんいけるようになります。

先日、講座を受講されて1年たったママさんからこんなメッセージをいただきました。

「子育ても、夫婦仲も回復して、生きるのが本当にラクになりました!講座を受講して本当によかったです。感謝の気持ちをどうしても先生に伝えたくてメッセージしました。」と。
心が震えるほど嬉しかったです。

親が変わると、必ず子どもは変わります。
子どものやる気、自信を引き出すには、原理原則があります。
良好な関係を築くためには、コミュニケーションの取り方・関わり方のルールがあります。

ママも子どもも、一人ひとりが、他人と比べるのではなく
自分らしさを思いっきり輝かせて「自分が人生の主人公」としてもっと自由に生きる!

勇気づけメソッドとの出会いで、あなたもお子様もぜひそんな未来をぜひ叶えてください。

ここで最後に改めて、講座を受講することであなたが得られることについてお伝えしますね。

<講座を受講すると得られること>
・子どものやる気や自信を引き出す子育て法がわかる。
・叱る以外の子育て、しつけの方法がわかる。
・親子のバトルやイライラが激減する。
・子どもの不適切な行動に対して、親のとるべき対応が場面に応じて考えられるようになる。
・子どもがさまざまな面で、以前より意欲的になってくる。
・子どもが反抗的にならない、心に届く親子のコミュニケーションの取り方や関わり方がわかる。
・子どもが自分で行動することが増え、親の関わりが減って時間的、精神的にもゆとりがでる。
・子育ての軸や指針が持てることで、むやみに焦ったり不安になったり落ち込んだりせず、子どもを信じて、見守れるようになる。
・これからの未来の社会を生きる子どもたちに必要な、自分で考え、自分で困難を乗り越え、解決していく力(生きる力)を育てる子育て法がわかる。
・夫や職場の人間関係、ママ友や嫁姑関係など、周囲の人との関係も良好になる。
・子どもが思春期になっても、仲良く良好な親子関係でいられる。
・受験や部活、習い事、友人関係など、挫折や困難があった時にそれを乗り越えていくサポートが考えられる。
・お母さんも子どもも、自分のことがもっと好きになる。
・子育ての悩みやイライラに取られるエネルギーが減り、その分、自分のやりたいことや仕事へもっとエネルギーを注げるようになって人生の充実度が増す。
・お母さんも子どもも笑顔の毎日を過ごせるようになり、これからの子育ても楽しみになる。


あなたの子育てと人生は、もっと楽しくもっとラクになる
 

子育てに才能はいりません。でも今もし、悩んだり迷ったり、不安を感じていることがあれば、「アドラーの勇気づけ」という地図を手にすることで、あなたは、イライラや親子のバトルの日々から卒業して、親子ともに笑顔の毎日を過ごしながら、子育ても、お仕事も、やりたいことも、もっともっと楽しんでいくことができるようになります。

お子さまも、自分らしさを発揮して、可能性を花開かせるべく、自立に向かってみずからどんどん成長していく姿をきっと見せてくれるでしょう。それは母である私たちにとっても、何よりの喜びでもあると思います。

でも、やる気や自信を伸ばすコミュニケーションや関わり方の原理原則を知らずに、その日の気分で怒ったり、感情的になったり、良かれと思っている今の対応を続けていれば、イライラ怒る日々や親子のバトルを繰り返し、お子様のやる気や自信、可能性も伸ばせないままです。

毎コース、講座にご参加いただけるのは、限定6名様までです。
人数に達した場合は、残念ながら次期開講までお待ちいただくことになります。

あなたとお子様のこれからの人生を変える8週間プログラムです。
本気でお子様とご自身の幸せな人生を叶えたいママさんのご参加をぜひお待ちしております。

お申込みフォーム

 

次期コースへのご参加を希望される方は、こちらから。
次期コースへの参加希望お申込みフォーム