「怒る子育てってダメなんだよね?」と子どもへの対応に迷った時は、この2つをチェック!

こんにちは、内藤純子です。

 

アドラーの勇気づけの子育ては

怒らない子育て という表現されることがあります。

なので中には

「怒っちゃいけない子育て」

と思っている方もいるようですが。

 

怒っちゃいけない、という考えではなくて

「怒る以外の方法があるので、その方法を積極的に使っていこうとする子育て」

「怒ってしまう自分を責めるのではなく、イライラガミガミせずにすむ関わり方をしていこう!」

という考えの子育て、と言えるかなと思います。^^

 

さて、世の中には

「ほめて育てたほうがいい!」とか

「もっと、叱らないとダメ!」とか

「叱ってばかりだと、自信のない子になる!」など

いろいろな情報を、耳にしますよね。

 

子育てはもちろん

夫婦関係でも、職場の人間関係でも

「怒りを感じる」場面は必ずありますし

ゼロにはできないもの。

 

 

だからこそ、子育て中のお母さんは

叱らないで、褒めて育てた方がいいんだよね?

やっぱり怒って育てないと成り立たないよね?

などと、迷うことも多いと思います。

 

もし、「子どもを叱る、叱らない」について

迷った時には、次の2点を振り返ってみると良いと思います。

 

子どもを叱らないことが

放任になっていないか?

 

また、子どもを叱る(怒る)ことが

ただ感情をぶつけるだけになっていないか?

 

放任してたら、大事なことが学べません。

怒らない子育てに対して、否定的な意見は

「放任」になっていることを指摘しているんだと思います。

 

また、感情的になって、その感情をぶつけてるだけだと

こちらの伝えたいことが、子どもには伝わりません。

当然ながら、伝えたいことが伝わってないので、また同じことが繰り返されます。

(あるいは、感情的に反発を誘発したりすることも)

 

叱ってばかりいると、自己肯定感が下がる、自信のない子になる、チャレンジしなくなる、主体性がなくなる。。。そのほか、弊害はたくさんありますのでね。

 

この点が、「怒る・怒らない子育て」の賛否の意見がある

理由なのかなと思います。

 

迷った時は、ここに陥っていないかな?を

考えてみるのが良いと思います。

 

*  *  *  *  *  *

放任でもなく、感情的に怒るのでもなく

良好な親子関係のまま、こちらの伝えたいことも伝わり

子どもの「やる気」「自信」も引き出すコミュニケーション法が学べる勇気づけ講座。

 

当学びサロンは、2つの講座をご用意しております。

お母さん自身も、勇気づけられ元気になれる内容です。

詳しく学びたい方、ご興味のある方は、ぜひベストタイミングでお越しください。

★イライラ悪循環の子育てを脱出しよう!
褒めない・叱らないで 勇気づけるから「やる気」と「自信」が育つ。
「できる自分」を呼び覚ます子育て法 アドラー愛と勇気づけの親子関係講座(子育て講座)

★子育てや夫婦関係、ママをとりまくあらゆる対人関係がラクになる!
ママも家族も幸せになるアドラー心理学 勇気づけのコミュニケーション講座ELM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です