【感想】あまり学校に行くことがなかった子が、朝から学校に行くようになりました

アドラー勇気づけ親子関係講座SMILE@オンラインコース

の受講者さまの感想をご紹介いたします。

【感想】あまり学校に行くことがなかった子が、朝から学校に行くようになりました

Q1.今回、講座にご参加された理由(お悩み等)はなんですか?

ELMを以前少し学んで、勇気づけが自分にうまく定着できていないので、自分に落とし込みたかったため。

Q2: 何が決め手となって、この講座に申し込まれましたか?

メルマガを見て、どんな先生なのかがなんとなく分かったこと。

講座を学び、それがすぐに自分に実践出来るかと言ったら、難しかったりする人、しない人もいるので、出来なかったことに対して、責めることがない先生に出会いたかった。

以前、私は、勇気づけを教えている方の講座に行ったものの、勇気くじきがすごい先生に出会っていたため、先生の意見を押し付けない、生徒を責めない先生を探していました。

メルマガを見て、情報が有料級の情報が届いて、情報量が多い方だなって思ったのと、SMILを8回に分けて丁寧に教えてくださる方を探していたのと、申し込みの時に、メッセージをしてみたら、私が大丈夫そうって思うようなメッセージが届いたので、純子さんに決めました。

 

Q3: 講座に参加されての感想をお聞かせください。

  • お子様や、自分自身に、どんな変化がありましたか?

講座で学んだことを自分に取り入れると、コミュニケーション能力がとても高くなりました。

SMILEを受講してから、子供は学校での友達とのかかわり方に、勇気づけのようなことを取り入れていて、友達のいいところを言ったり、応援したりしているようです。

子供も親も感情でコミュニケーションをとっていたところもあり、コミュニケーションをとることも嫌になったりする時間も今まではありましたが、イライラなどの感情を入れずにコミュニケーションが取れるようになり親が感情を持ってこない分、子供も自然にそのコミュニケーションをするようになってきて、子供もコミュニケーション能力が高くなりました。

私は、共感することが大切って、ボランティアの講座とか、コミュニケーションなどの講座とか、いろいろなところで学んできたのですが、共感するってどうやっていいのか、私はこれでうまくできているのか分からりませんでした。
SMIL講座を学んで、共感する方法、講座の中で実践のワークをして、これだと共感になっていないっていうことが身にしみてわかりました
共感はコミュニケーションをとるうえで、とにかく大切なことだということが分かり、家庭で実践したら、あまり学校に行くことがなかった子が、朝から学校に行くようになりました。

SMILEの共感を学んだあとは、自分が子供に言う言葉に対して、自分が言われたら、どう思うかを、自然と考えるようになりました。

子供が失敗しないように、正しい方向に行くように、先読みしていた部分もありましたが、失敗は経験として大人になって役に立つものだと思えるようになりました。そもそも正しいも間違っているもないので、今のうちに、たくさん失敗してもらいたなと思うようになりました。その中で親がフォローしていけばいいんだなって思えるようになりました。

私は、私の意見をどうせ言っても、自分の要求は通らないだろうなって引っ込めることがよくありました。相手が要求を受け入れてもらえないと私が嫌な気持ちになるから言わないって今まできていたけれども、学んでからは家族やママ友に、私の思っている事、こうしてもらえると助かることを伝えることが出来るようになりました。

伝えることの大切さ、断られたときの方法も学べたことで、自分の意見を言えるようになりました。

 

  • また、学べてよかったこと、印象に残っていることなど、そのほか、率直な感想をお聞かせください。^^ 

最後のグループコンサルが私は一番良かったです。

理論は分かっていても、自分にどう落とし込むかが問題だったり、どう実践していっていいのか迷うところなので、毎回のグループコンサルがあることによって、実践しやすくなり、落とし込みやすいです。ほかの方の物の見かたや、自分に持っていない選択肢も聞けるので、子供を見る時に広い目で見てあげられるようになりました。

私は、たくさんすぎるくらい、育児の本を手に取り、褒める子育てや、あたえる子育て、子供の心理学など見て実践をしていました。今回SMILEを学び、私にはこのSMILEが一番の子育て本になるなと思いました。かなり細かく書いてあるものの、分かりやすいテキストなので、これがあれば、迷ったとき、つまずいたときに見返すこともでるし、実践のしやすさは確実で、結果が必ずついてくるので、自分の子育てにブレがなくなるなと思いました。

アドラーの本を読んでいた時は、勇気づけの言葉をいろいろ探していましたが、SMILEを学び、そこではないことに気が付きました。
言葉だけではないものが、勇気づけになることを知り、勇気づけのすごさに驚いたのと同時に、それを知って気付けた自分に感動しました。

見守ってみるのも勇気づけ、共感するのも勇気づけ、ママの態度も勇気づけ、などなどたくさんあることが分かり本当によかったです。

親子のコミュニケーションが少なくなってくる思春期より、前に、SMILEを学んで本当によかったと思っています。

 

Q4: もし、SMILEに参加していなかったら、今、自分はどうなっていたと思いますか?

子供が学校に行っていなかったので、勉強が心配だなって不安が大きくなっていたかもしれません。

共感する方法がいまだにきちんと分かっていなかったと思います。

物の見方が、狭いものの見かたのままだったと思います。

子供とのコミュニケーションがうまく取れていなかったと思います。そして思春期もうまくいっていなかった可能性が高いです。


Q5: どんな人におススメの講座だと思いますか?(or もし参加を迷われている方がいるとしたら、その方へのメッセージなどがありましたらお願いします)


不登校ちゃんで悩んでいるママにおすすめの講座だと思います。

不登校ちゃんのママは、この子はなんで行かないの?理由もはっきりしないのに。早く行ってほしいってところだけ見て、イライラしていたり、親が悩みすぎて暗い気持ちで毎日過ごしている方も多いと思います。
学校に行くか行かないか、そこが焦点じゃないんだよってことが分かる講座だと思うので、おすすめだと思います。ママのイライラや不登校の不安も少しずつへっていくと思います。

そして、純子さんのSMILEは丁寧に教えてくださるので、他のSMILEに行くよりも、とてもおすすめだと私は思います。
気になったら、一度、純子さんにメッセージをしてみるといいかなと思いました。

 

Q6.内藤純子は、どんな印象でしたか?

明るくて、お話しすることが得意で、たくさんの引き出しがある方です。

質問にもすぐに答えてくださるので、回転の速い方です。

ジャッジがなく、いろいろな選択肢を出してくださる方です。

悩んでいる事を質問してみると、私がグルグル悩んでいたところではなくて、こっちを見ていかないとねっていう答えが返ってくるので、見る角度の広さにびっくりしました。

すでに答えを知っているかのような答えをいただけます。

 

お名前:裕美さま  職業:主婦 
お住まいの都道府県 : 千葉県                     
お子様の年齢    : 11歳                 

* * *

 

疑問を疑問のままにせず、たくさん質問もしてくださり、

たくさんのことを吸収してくださっていた裕美さん。

 

「今、息子に必要なは○○だと思いました(気づきました)」

「じゃぁ、○○っていうことなのかもしれないな。。。」

などと、気づきや学びをコツコツ、素直に、実践されていたおかげで

息子さんの前向きな行動も、増えてきたり。

今まで、イヤになることもあった親子のコミュニケーションも、

親子ともに、率直な、より良いコミュニケーションが

取れるようになっていただけたとのことで、ホントに良かったなと思います。

 

何より、朝から学校に行くようになった、

とご報告は、私もとても嬉しく思いました。

 

これからの子育ても、アドラーの学びを指針にして、

きっと力強く、前進して行っていただけると思います。

 

裕美さん、息子さんが、

これからも、勇気いっぱい前進していっていただけること、

ぜひ応援しております♡

 

 

お子さまが不登校、行き渋り、五月雨登校で、お悩みのママさんは、

アドラー式子育ての考え方、対応のスキルを、

一度、ぜひ学んでみていただけたらと思います。

 

【お知らせ】
次期、アドラー親子関係講座@オンラインコースは、

日曜日コースは、8月下旬からスタート 
(日曜日開催は、頻度が少ないですので、ぜひこの機会に♬)

●月曜日コースは、9月下旬からスタート

の予定です。